ヤフオク! オークション落札商品

谷文晁 「明人物売図」 中国 佐竹永陵箱書き 極密彩色です

この商品の詳細を見る

【谷文晁】
江戸後期の文人画家。江戸生。初名は文朝、のち文晁。幼少より画技を好み、元・明・清画や狩野派・土佐派・文人画等の諸画法を折衷した新画風を創造し、江戸文人画壇の重鎮となる。門下に渡辺崋山・立原杏所らを輩出する。天保11年(1840)歿、78才。

【佐竹永陵】
日本画家。東京生。旧姓は黒田、名は銀十郎、別号に写山画房・巍々堂。佐竹永湖に師事し南北合派を学びのち師家を継ぐ。日本画会の結成に参加し、また松林桂月らと日本南宗画会を結成した。文展開設では旧派の正派同志会の結成に幹事として参加した。また制作のかたわら谷文晁の画風の研究・鑑定も手がけた。日本美術協会委員。昭和12年(1937)歿、64才。

【作品状態】
紙本 象牙軸 肉筆保証 金襴三段表装風帯付き ウブ幅 佐竹永陵箱書き 中身寸法115.5×75 本紙に少し時代やイタミ等あり 幅自体しっかりしています よろしくお願い致します

※ご入札は画像・説明をよくご覧になり、ご納得の上でお願い致します
※印のない作品については基本的に全て肉筆保証とだけ記載致しております
何か解からない事が御座いましたら入札する前にご質問下さい


極めて稀なのですが落札後、
連絡がなかったり、お金を支払わないといった事が御座いましたので
今後は、評価が新規であったり悪い評価の多い方は
入札を取り消しさせて頂く場合が御座います


上記のような方は、
悪質な落札者としてYahooへ連絡し
お取引内容を記載し『非常に悪い』評価を付け
『ブラックリスト』へ登録致します

この商品の詳細を見る

オススメ

商品検索をもっと快適に

まずは、初月無料で
プレミアムをお試しください。

詳しくはこちら